物の価値観が変わりました。

私は以前、かなり部屋の片付けを行ったことがあり、リサイクルショップを利用して買取をしてもらっていました。
少しずつ片付けていったのですが、予想をはるかに超える量になってしまい、途中で片付けを止めて、一旦リサイクルショップに出すことにしました。
大きなものもあり、車で何度か運び出しました。

 

今までリサイクルショップは安く良いものを買うという、買う側の利用だけでした。
しかし、いつもお店に行くたびに、多くの人が不要品を持ちこんでいるのを目にしていました。

 

その頃はまだ部屋の片付けをまったく行っていなかったので、自分にはそれほど不要品はないだろうと思っていました。
確かに私はそれほど物欲がなく、服もほとんど買わないので、長く同じものを着ているような感じでした。

 

そのため、買取りに出せるような不要品は持っていないだろうと思っていました。
しかし、いざいろいろと部屋を片付けていくうちに、かなり多くの不要品が出てしまい、その置き場に困ってしまいました。

 

結局、何度かわけながら片付け→リサイクルショップへ持ち込みを繰り返し、ようやく片付け作業が終わりました。
すると、部屋にかなりのスペースができ、以前よりもかなり広く感じるようになりました。
また、探していた物が見つかったり、金券が出てきたりと、ラッキーなこともたくさんありました。

 

一番驚いたのは衣服の整理でした。
衣服はそれほど減らないだろうと思っていましたが、実際片付けてみると、不要なものが多く、結局3分の1まで減らすことができました。

 

衣服はかなりかさばったので、それだけ単独で買取りに出しました。
また、多少古くなっていても、まだ着れそうなものは寄付に出すことにしました。
世界中の何処かの誰かに役に立ってもらえれば幸いです。

 

かなりの片付けを行い、買取をしてもらうことによって、物に対する価値観が変わりました。
今まではある物をいかに収納するかを考えていました。

 

しかし、今では本当に必要な物や好きな物だけで暮らしていくことの大切さを知りました。
また、手元に置いておきたい物はそれほど多くはないということでした。

 

片付けをやって、場所も気持ちもスッキリとしました。
また、買取りをしてもらったので、多少の臨時収入が入りました。

 

今回のことで、今ある物を大切にして、上手く循環させていくことの大切さを教わったような気がします。
そしてこれからもこの良い習慣を引き続き、続けていきたいと思っています。